男女

婚約指輪は好みのデザインでキマリ|豊富な種類から選び抜こう

ダイヤモンドを贈る

男女

「婚約指輪」の発祥はいろいろな説があるがヨーロッパと言われている。婚約を証明するために贈られるようになった。石に特に決まりはないが、かたい絆で結ばれるという意味で、ダイヤモンドリングを渡すのが一般的である。

もっと読む

指輪選びの奥義とは

リング

好みを優先するのがベスト

カップルの中には、将来的なリサイクルを考慮して婚約指輪を選ぶ方が見られます。ですが、高額な婚約指輪も他のリサイクル品の例に漏れず、査定では大幅な減額をされます。ですので、一般的な価格帯の婚約指輪はリサイクルには不向きです。婚約指輪は、二人で気に入ったデザインを選ぶのが自然なスタイルです。男性が女性に贈る場合でも、女性の好みを考慮して通常は選びます。将来のリサイクルを意識すると、判断が狂うケースが少なくないです。デザインや品質よりもダイヤモンドの大きさなどを基準にしてしまうと、後の不満を招きます。婚約指輪選びにおいては、金銭的な価値に捕らわれすぎないように心がけます。良質で気に入った1品を購入するのが、婚約指輪選びの奥義です。豊富な種類から選び抜きましょう。

後のリフォームも可能

婚約指輪の後の活用法としては、リフォームが挙げられます。リフォームでは、ダイヤモンドなどの石を取り外してそのまま利用が可能です。ネックレスや新たなリングにアレンジが出来ますので、活用範囲はかなり広くなります。将来の使い道を考える際には、リフォームのしやすさを重視した方が現実的です。アクセサリーに活用した場合に映えるのが、透明度の高いダイヤモンドです。大きさに関係なく、輝きのあるダイヤモンドは存在感があります。カラットよりも透明度やカットにこだわると、後の活用法も拡大します。婚約指輪の価値を考えるときには、視点を広げるのがコツです。アレンジの仕方によっては、新たにジュエリーを購入するよりも安くアクセサリーが手に入ります。

感動的なプロポーズにする

ハート

ラザールダイヤモンドの指輪は世界トップクラスのカット技術を用いて装飾を施しているので、普段あまり指輪を見ない初心者から見てもかなりクオリティーが高いです。また、お店に行く時には事前にした準備をしてから行くと指輪に対する知識が深まり、どんなものが相手の女性にピッタリなのかを考えられるようにもなります。

もっと読む

結婚式までの準備

花嫁

花嫁にとって理想的なウェディングドレスを絞り込みたい場合、インターネットを利用してみましょう。ブランドショップのサイトを使えば花嫁らしいドレスを探すことができます。ウェディングドレスの中でも多くの女性から人気を博しているのがAラインやプリンセスラインのドレスです。

もっと読む